コンテンツ

 SEO対策だけでいうと、サイト自体の出来やデザインの良しあしは正直関係ありません。

いかに手の込んだサイトを作るか。
サイトのデザインをいかに美しくするか。
といったことはSEOの成果には関係がないのです。

がしかし、実際のビジネスにおいては重要になってきます。

ニーズを汲み取る

見栄えのよくないサイト。
使いごこちの悪いサイトはやはりユーザーの支持を失ってしまいがちです。
つまり、適切なSEO対策を行うことで順位が上がり、アクセス数を
増やすことまでが本来の目的であり、そこからどのように売り上げに繋がるかは
サイト運営のやり方次第とも言えるのです。

そこで、SEO対策最後のポイントとしては、コンテンツが挙げられます。

これはつまり、ユーザービリティーの向上です。
SEO対策によって、せっかく多くのアクセスを集めても、売上が伸びない
という声をよく耳にします。

これはひとえにサイトのユーザービリティーが悪いからと言ってもいいでしょう。
せっかくサイトにまでユーザーを呼び込めているのに、もったいないとしか
言い様がありません。

これではせっかくのSEO対策の努力が報われません。

意識したいこと

ユーザーは非常にシビアです。
サイトが使いにくい、有益な情報がないと判断すると
ものの数秒でサイトを移動してしまいます。

コンテンツのカテゴリー分けは適正か。アクセスの情報は
わかりやすく配置しているか。

ユーザーが望む情報がわかりやすく配置できているか。
欲しい情報が効果的に表示できているか。
これを常に見直して改善していくことで、ようやく
売り上げアップに繋がる動きができてくるのであり、
SEO対策をしたからということが直接売り上げに繋がる
ということではないのです。