内部要因

 SEO対策にはいくつかのポイントがあります。
その一つが内部要因と呼ばれるものです。

これは、サイトのHTMLがいかに適正に作られているかというものです。
検索エンジンはあなたのサイトのHTMLを判読し、情報を収集しています。

あくまでHTMLが重要であって、サイトのデザインや構築はここでは重視されません。
そこで、HTMLをユーザーのニーズにいかにマッチさせたものを作れるかで
検索エンジンの評価が変わってくるというものなのです。

改善に向かっていく

具体的には、タイトルタグやディスクリプションタグなどに、ターゲットとなる
キーワードを適切に配置することが必要になります。

また、ターゲットとなるキーワードを適切に選択することも重要になります。
ユーザーの傾向とこちらが配置しているキーワードとにズレがあると、
きちんとマッチしなくなってしまいます。

いくら売りたい商品にこだわりがあっても、ユーザーを自社のサイトに
呼び込むことができなければ意味がありません。
そのため、いかにニーズに合わせたキーワードとマッチさせるかが
重要なキーとなってきます。

問題を解決する力

こうしたHTML内の問題点を改善するのが内部要因です。
そのために、W3C準拠というものがあります。

HTMLの国際基準とでもいいましょうか。
これに準じたものにすることで、コンピューターに判読しやすい
HTMLを作ることができます。

チェックツールがありますので、ぜひ利用してみてください。

基準をきっちりと抑えておくことで、現状をより的確に把握することができ
そこから初めて次の対策を考えることができるのです。